if...ウォッカが皐月賞に出ていたら

ヒサトモ
クリフジ

この2頭に続き
64年振りに牝馬でダービーを制した馬


東京コースのG1完全制覇を成し遂げた馬


ウォッカ



先日
惜しまれながら
最後を迎えた


f:id:ilMago:20190412223403j:plain




もし
ウォッカ
皐月賞に出走していたら…


という
皐月賞データから考える妄想
(データは2019年の予想に使ってるもの…)





ダービーの前走は桜花賞
終生のライバル
ダイワスカーレットに敗れた1戦





そこを皐月賞に出走した
…と勝手に…作り話





まず
2007年の皐月賞に出走した場合

1/3の抽選を潜り抜けた
ブラックシャンツェが出走できへんから
枠順は
2枠4番を仮定
四位騎手が鞍上のはずやから
ニュービギニングに上村騎手


ここから“2019年”皐月賞のデータ

☆前走は重賞で連対or弥生賞4着以内
 前走チューリップ賞 1着

☆芝複勝率100%
 [4.1.0.0]

 

☆父は皐月賞
 タニノギムレット 皐月賞3着

 

☆馬体重は増えていない
 桜花賞は-2kg

 

☆1桁人気
 二桁人気にはならへんやろ…

☆年明け初戦が2月2週目までで4着以内

 2月3日 エルフィンS1着

☆1600M以下の新馬・未勝利で連対あり
 新馬戦 京都1600M 1着

 

父の皐月賞成績が気になるくらいで
押さえておきたい1頭


1番人気
フサイチホウオー
ダービー3着、皐月賞4着の
アドマイヤオーラより

上がりが0.7秒くらい速いはずやから
15番手以内なら(ドリームジャーニーの位置)
33.5秒の脚を使って差し切ってた


…かも


東京のG1を制した
東京の申し子が
中山でどんな脚が使えたんかはわからんけど



結果はそれぞれで妄想
してみてや